妊娠とホルモンの働き

ホルモンは妊娠の準備に大きくかかわっています!

妊娠するには排卵と月経のサイクルがあることが必要なことは知っていると思います。
ですが、それらは、単に卵巣や子宮があるから起こるわけではなく、さまざまなホルモンが臓器に働きかけ、妊娠に向けた準備をしているからなのです。

では、どのようなホルモンがどんな働きかけをしているのでしょうか。

まず、月経の時期に脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出因子が出て、脳下垂体から性腺刺激ホルモンを分泌する指令を出します。

すると、脳下垂体が卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌し、卵巣の中にある卵胞に働きかけます。
刺激された卵胞は発育して成熟卵胞となり、卵胞ホルモンであるエストロゲンを分泌します。

これよって子宮内膜は厚くなり、頸管腺も粘液を分泌し、卵胞はますます大きくなり、排卵へと向かうのです。

エストロゲンが十分に分泌されると、今度は脳下垂体から黄体化ホルモン(LH)が大量に分泌され、「排卵」が起こります。

排卵が終了した卵胞は、つぶれて血流が流れ込み、黄体といわれる黄色い脂肪のような塊になります。

黄体はエストロゲンとプロゲステロンという黄体ホルモンを分泌して、受精卵が内膜に着床しやすい状況を作るのです。

妊娠しないと、黄体は排卵後およそ10日で変化、内膜を維持してきたふたつのホルモンは減少し、排卵後2週間で子宮内膜がはがれて「月経」となります。

もし、妊娠すれば、黄体はエストロゲンとプロゲステロンの産生を続けるため、子宮内膜は維持され月経は起こりません。

妊娠3ヵ月以降になれば、黄体は衰え、その後は、エストロゲンやプロゲステロンは胎盤で作られていくことになります。

このように、ホルモンは妊娠に大きくかかわっているのです。

 

サイトマップ