妊娠のメカニズム

妊娠は排卵→射精→受精→着床がすべてうまくいったときにのみ成立します。

これから妊娠しようと思っている人も、不妊で悩んでいる人も、まずは、妊娠がどのようにして成立するのかを知っておくことは大切です。

本来、女性の体は、初潮を迎えてから排卵と月経を毎月くり返すことで、妊娠に備えています。

排卵の3ヵ月ほど前に卵巣内の原始卵胞から約1000個の卵子が選ばれ、成熟を開始します。月経がスタートする頃には約20個の卵子が勝ち残り、最終的にはひとつの卵子だけが排卵されます。
排卵された卵子は、卵管内で精子と出会います。
精子が卵子の中に入り受精すると、細胞分裂しながら子宮へと移動し、子宮内膜に着床、絨毛の根を張り胎盤を作ります。
もし精子と出会わなければ、卵子は変性し、妊娠に向けて厚くなっていた子宮内膜がはがれ、月経としてリセットされます。

このように、さまざまな臓器やホルモンが総合的に良好に働いて、初めて妊娠が成立するのです。

ここでは、妊娠成立のメカニズム「排卵→受精→着床」についてくわしく見て行きましょう。

排卵

@卵胞の発育
月経が始まる頃には約20個の卵胞がありますが、そのうちのひとつだけが主席卵胞となり、月経周期12日頃には直径18mm程度になります。(排卵までの期間には個人差があります。)

A排卵
排卵の指令を送る黄体化ホルモンが大量に分泌されると、約36〜44時間後に卵胞の壁が破れます。
卵子は卵胞液とともに腹腔内に飛び出し、排卵となります。

B卵管釆から卵管へ
卵巣から出た卵子は、卵管の先にある広がった入口の卵管采から卵管の中に取り込まれます。
一方、排卵したあとの卵胞には血液が流れ込み、脂肪の塊のような黄体になります。
ここから黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜を着床しやすい状態に整えられます。

受精

@精子は膣から子宮、卵管へ
射精された精子は子宮頸管を通って子宮腔に入っていきます。排卵の頃には、子宮頸管に頸管粘液という粘液が分泌され、精子が通りやすくなります。こうして、精子は子宮腔を通過し卵管へと進入していきます。

A卵管膨大部での出会い
取り込まれた卵子は、卵管膨大部で精子と出会います。1億の精子が膣内に射精されても、卵管膨大部にまで到達するのは数十〜数百といわれています。

B受精
卵子に到着した精子は卵子の周りに群がります。
精子は頭から酵素を出しながら尻尾をふり、数十個の精子が透明帯を破ろうと一丸となってつき進みます。そして、そのうちの1個の精子が透明帯の中に入ると、その瞬間バリアが張られほかの精子は入れなくなります。この精子が卵細胞内に入り、受精されるのです。

着床

@受精卵は卵管を通って子宮へ
受精した卵は2細胞、4細胞、8細胞、桑実胚へと卵割をくり返しながら、卵管から子宮へと運ばれます。
約4日かけて、受精卵は卵管から子宮に到達します。

A子宮内膜に着床
子宮に到着した受精卵は胚盤胞になり、排卵から5〜7日たった頃、子宮内膜に絨毛の根を張ります。

B受精3週間後に超音波で胎嚢確認
着床した受精卵は、子宮内膜の血管から酸素や栄養を吸い上げ、卵割をくり返して成長します。
受精してから3週間後には胎嚢が超音波で見える大きさになり、5週間後には胎児の身長が1cmくらいになります。



少し複雑で分かりにくい点もあると思いますが、妊娠は、排卵→射精→受精→着床といったステップがすべてうまくいったときにのみ成立します。

このような妊娠のメカニズムを理解しておくと、赤ちゃんが出来るまでのイメージが湧き、妊娠に対する意欲もチャンスも大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

サイトマップ