妊娠しやすいタイミング

排卵の3日前からは毎日したほうが妊娠しやすい!

妊娠できる日は、1ヵ月のうち6日間もあります。
射精された精子は女性の体内で長くて5日、平均3日ぐらいは生きているといわれています。ただし、全部というわけではなく、99%は膣内で死んでしまうのです。

精子が長く生きられるのは子宮頸管の中で、排卵前に大量に分泌される頸管粘液の中は、とてもよい環境なのです。射精された精子は一度この頚管粘液の中に蓄えられ、そこから持続的に卵管に向かって送り出されるといわれています。
このため、セックスのタイミングは排卵日ちょうどである必要はなく、排卵の4、5日前から有効といえます。

ですから、排卵の3日前からは毎日セックスしたほうが妊娠の可能性は高くなるわけです。

妊娠しやすいタイミングの出し方

月経周期は人によってさまざまですが、排卵してから次の月経が始まるまでは、ほぼ14日と決まっています。

たとえば、28日、30日、32日周期があったとすると、その中で一番短い周期と長い周期をピックアップします。一番短い28日周期の場合、マイナス14日をすることで排卵日は14日目であったことがわかります。
一番長い32日周期の場合は、マイナス14日で排卵日は18日目という目安が立ちます。

排卵の3日前から妊娠の確率が高まるので、次回の月経周期では11日〜18日の間に1日おきにセックスをすればよいことになります。
そうすることで、その間にいつ排卵が起こったとしても、精子が卵子を待っているという状況を作れるわけです。

ただし、これはすべてが正常に働いた場合に有効だということは覚えておきましょう。
ひとつの卵子とひとつの精子が出会い、妊娠にいたるのは、何億分の1の確率の奇跡なのですから・・・

 

サイトマップ