夫の浮気の対処法

夫が浮気をしたときには、やらなければならないこと、やってはいけないことがあります。

夫の浮気が発覚した場合、妻であるあなたはどのような行動をとればいいのでしょうか。
苦悩を抱えながらでも、やらなければならないこと、やってはいけないことがあります。
ここでは、妻のあなたが取るべき行動とその対処法について考えてみたいと思います。

夫が浮気をしたときに妻が取るべき行動

1.やらなければならないこと

@ 浮気の証拠集め

夫が浮気をしたときは、いきなり離婚などを考える前に、まず、浮気の証拠を集めましょう。

浮気相手との間にメールのやり取りがある場合には、そのメールをコピーしておきましょう。
また、夫の財布などから浮気相手と行ったであろうホテルのレシートを見つけたり、浮気の証拠となるものがあった場合は、とりあえず残しておくようにしましょう。

集めた証拠を残しておけば、離婚をするときや何かを約束させるときなどに有利に働きます。

A 弁護士に相談

夫の浮気が許せない!離婚したい!と考えた場は、弁護士に相談することが大切です。

夫が浮気をした場合、浮気した夫はもちろん、浮気相手の女性からも慰謝料をもらうことができます。弁護士に相談し、慰謝料はいくらが妥当か、どうしたら離婚できるか等を聞きましょう。

弁護士はお金がかかるという人も、市などの行政機関で無料で相談できる弁護士を紹介してくれる場合もあるので、是非相談してみてください。

B 誓約書を書かせる

「子供がいるから離婚はちょっと・・・」と考える人は、二度と浮気をしないよう、夫に誓約書を書かせましょう。

もちろんそれで浮気をしなくなるとは限りませんが、「今度浮気したらOOO万円払います」や「浮気したら別居します。養育費は月OO円払います」等と誓約書に書かせておくと効果的です。

夫婦間での契約書でも、それを守る義務が生じまし、守らない場合は、直ちに弁護士に相談するとよいでしょう。

2.やってないけないこと

@ 問い詰めたりしない

浮気をする夫の心理は、仕事に疲れ、家庭で癒されず、心の癒しを浮気相手に求めていると言えます。
浮気してしまった罪悪感と後ろめたさがあるから、嘘をついて隠しているのです。

そこで、妻から問い詰められると、一層強く罪悪感を感じて、妻を避けようとします。
中には、逆ギレして妻をなじったりすることもあります。

腹が立っても、知らん顔して嘘にだまされてあげましょう。夫は後ろめたさから次第に、自分を信じてくれている妻に申し訳ないという気持ちが出てくる場合があります。

A 両親には相談しない

いきなり両親に相談して、親が息子をとがめるケースがありますが、これはあまり感心しません。

夫の心理として、浮気を親に咎められ別れる約束をしたけれど、家庭に自分の居場所はない、家族と向き合う事が辛いという方向に追い込まれてしまうことがあります。

無理矢理引き裂かれた思いのままでは、夫の愛を取り戻せません。家庭で癒されない夫は不機嫌なまま。貴方は幸せを感じられません。

誰かに相談したい気持ちはわかりますが、相談相手は慎重に選ぶようにしてください。

3.夫の浮気の対処法

もしも夫が浮気していたら・・・
そんな時に妻であるあなたが、どの様に対処して行けば良いのでしょうか。

まずは冷静にどんな種類の浮気なのかを確かめましょう。
体の浮気はまだ許せるけど、心の浮気は絶対に許せないという人は多いはずです。
まずやるべきは、冷静に落ち着いて、心の浮気か体の浮気かをしっかりと見極めましょう。

次にやるべきは、夫に戻って来る気持ちがあるのかを確かめることです。
場合によっては、家庭崩壊は防げるかもしれません。
ですが、もし戻ってこないと決めているのなら、ここは徹底的に浮気の証拠を調べ上げましょう。
いざ別れるとなったら、浮気の証拠などが今後必要な情報になってきます。
今後の自分のため、そんな男はすっぱり捨てて慰謝料請求の手続きに情熱をかけましょう。

最後に話し合いの時は冷静に、落ち着いてやることを心がけて下さい。
怒り狂いたい気持ちも分りますが、ここはぐっとこらえてしっかり慰謝料をもらう事に意識を集中させましょう。

⇒金田秀子「夫の浮気・解決法」

 

サイトマップ