高校でかかる学費とお金

高等学校でかかお金は、公立と私立でどう違うのか?

高校に入学すると卒業するまでにどれぐらいのお金がかかるかというのは大きな関心事です。

高校でかかるお金を、文部科学省「子どもの学習費調査2012年度」のデータをもとに、公立と私立を比較して見てみましょう。



・公立高校の場合

公立高校で一年間に平均してかかるお金の合計は38万6439円で、
内訳は学校教育費 23万837円、学校外活動費 15万5602円となっています。

学校教育費には授業料が含まれており、2010年度より高校授業料無償化が導入されたことで、導入以前より一段下がった水準になっています。
学校外活動費では、大学受験に向けて学習塾費がかさんでいる様子がうかがえます。

高校授業料無償化制度により、2010年度以降は、公立高校の年間授業料11万8800円が無料になっていました。
しかし、2014年度より、対象世帯に所得制限が設けられることになりました。
対象になるのは夫婦と子ども2人の4人世帯で世帯年収910万円未満の世帯のみに限られます(共働きの場合は合算)。

授業料無償化と同時に、低所得層への給付型奨学金も設けられる見込みです。
年収250万円未満の層を対象に、年間で約13万円が支給される見込みです。

・私立高校の場合

私立高校で一年間に平均してかかるお金の合計は966,816円で、
内訳は学校教育費 72万2212円、学校外活動費 24万4604円となっています。

高校無償化や自治体ごとの私学助成制度などにより、授業料は抑えられています。
学校外活動費は、やはり学習塾費が大きいことがわかります。

2010年度以降、公立高校同様、私立高校でも授業料が軽減されてきました。
私立は平均授業料が約38万円と公立より高いことから、公立と同額の11万8800円を基準にして、所得に応じて1.5〜2倍の加算もあり、高校生のいる世帯はすべて対象になっていました。

しかし、公立高校同様、2014年度より所得制限が設けられます。
夫婦と子ども2人の4人世帯で世帯年収910万円未満の世帯のみ対象になります(共働きの場合は合算)。

また、同じく2014年度から低所得層への給付型奨学金も設けられます。
年収250万円未満の層を対象に、年間で約13万円が支給される見込みです。

・公立と私立の差

公立と私立では、やはり学習費総額で私立の方が58万円ほど高くなっています。

これは、やはり、授業料と学校納付金の差が大きいと言えます。

⇒今から間に合う高校受験勉強法

高校受験の豆知識関連コンテンツ

東大医学部合格者数の全国高校別ランキング
東大医学部合格者数の全国高校別ランキングです。 1990年から2014年までの上位50校の資料 ..... >> 続きを読む

高校偏差値ランキング 2016版
35日あれば第一志望高へ奇跡の逆転合格!? ⇒詳しくはこちら 全国の高校偏差値のデータをもと ..... >> 続きを読む

高校偏差値ランキング 2015版
35日あれば第一志望高へ奇跡の逆転合格!? ⇒詳しくはこちら 全国の高校偏差値のデータをもと ..... >> 続きを読む

受験の神様といっても土曜ドラマではありません!
受験の神様と聞けば、日本テレビ系列で2007年7月14日から同年9月22日に放送された土曜ドラマを思 ..... >> 続きを読む

高校入試制度は公立入試と国立・私立のでは様々な点で違いがあります。
高等学校では入学資格がある志願者を対象に、学力検査や内申書(調査書)などの成績評価を資料とする選抜を ..... >> 続きを読む

受験生も家族も高校入試直前に気をつけたいこと
中学3年生にとって、差し迫ってきた高校受験を目の前にして気をつけたいことを考えてみましょう。  ..... >> 続きを読む

内申書は高校入試の合否判定の資料となる大切なものです。
高校入試でよく耳にする言葉に「内申書は大切だ」というのがあります。 ではこの大切と言われる「内申書 ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ